エアバス、2018年に引き渡し機数の記録を更新

エアバスが1月9日に発表した集計によると、同社の2018年の純受注(キャンセルを差し引き後)は747機となり、前年の1109機を下回った。同年の引き渡し数は過去最高の800機で、目標を達成した。ただし...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。