2018年大晦日、パリ首都圏で自動車277台に放火被害

フランスでは大晦日の夜に車両への放火が恒例行事のようになっており、報道によると、2018年の大晦日にパリ首都圏で放火被害を受けた車両は277台に上る。このうちパリ市内では148台、パリ近郊ではセーヌサ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。