イタリア国会、予算法案を可決:政府批判も高まる

イタリア国会は12月末に予算法案を最終的に可決した。左右のポピュリズム政党(左翼の「五つ星運動(M5S)」と極右の「同盟」)が作るコンテ内閣にとって初の予算法案の成立となった。法案の審議は、不信任案と...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。