ハンヒキビ原子力発電所の運転開始時期に4年の遅れ

フィンランド電力大手フェンボイマは、露ロスアトムと形成するコンソーシアムを通じて建設予定のハンヒキビ原子力発電所の運転開始時期について「2028年以降となる」と発表した。コンソーシアムは、これまで20...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。