トタルのイランでの贈賄疑惑:裁判所、50万ユーロの罰金刑下す

仏石油大手トタルを被告人とする、イランにおける「外国公務員に対する贈賄行為」容疑の裁判で、パリ地裁は12月21日、トタルに50万ユーロの罰金刑を下した。検察は今年10月に75万ユーロの罰金と、2億50...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。