独シュピーゲル誌でねつ造報道

調査報道で定評がある独週刊誌シュピーゲルでねつ造報道が発覚した。シュピーゲル誌が19日に自ら公表した。
ねつ造報道を行っていたのは、33才の若手ジャーナリストのクラース・レロティウス氏。同氏は6月に...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。