プラスチック・オムニウムの親会社、トップが交代へ

仏自動車部品大手プラスチック・オムニウムの親会社(資本の58.1%を保有)であるビュレルSAのトップが1月1日に交代する。ビュレルSAは、ビュレル一族の持株会社で、1946年にピエール・ビュレル氏が創...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。