不当解雇の際の賠償金上限設定、労働審判所が判決で疑問視

トロワ労働審判所は13日、不当解雇の際の賠償金の上限設定を定めた法律の規定を問題視する判決を下した。この上限設定は、マクロン大統領の肝いりで実現した労働法典改正の目玉の一つであり、判決が及ぼす影響が注...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。