ルノー、ゴーン会長兼CEOの留任を決定

仏自動車大手ルノーは12月13日に取締役会を開き、情勢を見守りつつ、当面はガバナンスを変更しないことを決定した。日本で勾留されたままのゴーン会長兼CEOの留任を決めた。
取締役会では新たな2つの情報...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。