トタル、モーリタニアで権益獲得

仏石油大手トタルは12月12日、モーリタニア政府との間に同国沖深海における炭化水素探査・生産契約2件を交わしたと発表した。C15、C31の2ブロックの権益90%を取得した。これらの鉱床の表面積は1万4...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。