仏アパレル販売、2018年に前年比2.9%減の見込み

仏モード研究所(IFM)は12月6日、国内のアパレル販売が2018年に前年比2.9%減の280億ユーロへ後退するとの見通しを発表した。2009年来で最大の後退となる。同販売は、2017年には10年ぶり...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。