ロシア領カリーニングラード、哲学者カントが国粋主義者にディスられ

ロシア領カリーニングラードで、空港の命名を巡り混乱が生じている。インターネット投票でトップとなったイマヌエル・カントが激しい非難の対象となっている。
ロシア当局は、全国の空港の名称にゆかりの人物の名...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。