RATP、従業員代表選挙でUnsaが首位

RATP(パリ交通公団)は11月29日、従業員代表選挙の結果を発表した。これによると、穏健派のUnsaが得票率30.19%(前回比7.5ポイント増)を獲得して、これまで最大勢力であった強硬派のCGT(...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。