マクロン大統領夫妻、ベルギーを公式訪問

マクロン仏大統領夫妻は11月19日、2日間の日程でベルギーの公式訪問を開始した。20日まで国賓待遇で訪問する。大統領夫妻はベルギーのフィリップ国王夫妻と会談、ミシェル首相夫妻とも会談した。
大統領がベルギーに赴くのは、欧州連合(EU)関係を含めると年間に多数に上るが、ベルギーの公式訪問はごく少ない。今回は国賓待遇での訪問であり、典礼上は最高の扱いとなる。大統領は、ミシェル首相との会談の機会に、2019年5月の欧州議会選挙に向けて、マルチラテラルの理念を掲げて共に戦う考えを強調した。20日午前には、ルーバン・ラヌーブ大学で開かれる欧州問題シンポジウムに参加する。