マクロン大統領、独連邦議会で演説

マクロン大統領は18日、ドイツを訪問し、連邦議会で演説を行った。同日は「国民哀悼の日」として、ナチスドイツの犠牲者をはじめとする両世界大戦の犠牲者を追悼する日となっており、マクロン大統領は、第1次大戦...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。