労災・職業病の減少続く

社会保障会計が11月15日に発表した集計によると、従業員1000人当たりの労災認定件数は2017年に33.4件となり、前年の33.8件を下回った。職業病の新規認定件数は同年に4万8522件となり、こち...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。