モーリタニア:米AGOA法の適格国リストから除外、奴隷慣行が理由

モーリタニア政府は11月5日、米国政府が同国をアフリカ成長機会(AGOA)法の適格国リストから除外すると決定したことに抗議した。米政府はAGOAプログラムの年次見直しにおいて、奴隷慣行の存続を理由に、...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。