仏トランスデブ、独ハノーバー市でSバーンの運行契約を獲得

仏トランスデブ(公共輸送機関運営)は11月7日、独ハノーバー市のSバーン(都市近郊鉄道)の運行契約を獲得したと発表した。全長385kmの10路線を2021年12月から運行する。旅客数は年3000万人を...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。