大パリ圏環状地下鉄整備計画、法人増税で追加財源を確保へ

大パリ圏環状地下鉄整備計画を推進する事業体SGPの財源を増額するための修正案が下院財務委員会に提出される。SGPの財源は年間5億3000万ユーロだが、2019年から新たに1億3000-1億4000万ユ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。