マクロン大統領、第1次大戦終戦百周年で東部・北部を歴訪

マクロン大統領は4日夜のストラスブール訪問を皮切りに、1週間に渡る東部・北部の歴訪を開始した。第1次世界大戦の終戦百周年を記念し、大戦の激戦地となった地方を歴訪する。11日の終戦記念日にパリで行う式典...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。