トゥールーズに大型マリオネット

トゥールーズ市で1日から4日まで、大型マリオネットのお披露目が行われた。ミノタウロスの「アステリオン」と、それを導く蜘蛛の巨大マリオネットが市内を練り歩くイベント「神殿の守り手」が、4日間に渡り開催された。
アステリオンは47トン、高さは13メートル、長さは16メートルに上る。煙を出すなどのギミックも設けられており、操演は、体内の各所に陣取った17人が行う。制作と運用はナント市を拠点にした活動で世界的に知られる操演団ラマシーン(代表:フランソワ・ドラロジエール)が担当。アステリオンは、トゥールーズ市のモントードラン地区内に開かれるアールドラマシーンを本拠とする。4日にオープンされる同施設はアエロポスタル(航空輸送)の旧設備(8000平方メートル)を改装。ラマシーンはここをアステリオンの本拠とする10年契約を締結し、年間に各種のイベントを開催する。