仏下院、パーム油を減税対象となるバイオ燃料として維持

仏下院財務委員会は10月10日、2019年予算法案の審議の枠内で、TGAP(汚染活動総合税)の減税対象となるバイオ燃料のリストからパーム油を除外する修正案を採択した。これに対し、下院本会議は10月20...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。