シーメンス・ガメサのルアーブル工場、建設計画が前進

風力発電機製造大手のシーメンス・ガメサと、仏ルアーブル港を運営するGPMHは、洋上風力発電機製造工場の建設に関する合意を交わした。同工場の建設には暗雲が立ち込めていたが、計画実現に向けて大きく前進した...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。