ルーマニアで同性婚排除を狙った国民投票、投票率不足で否決に

ルーマニアで7日まで憲法改正の是非を問う国民投票が行われた。「婚姻とは配偶者間で自由に承認される関係」とする憲法上の定義の文言を、「配偶者」ではなく「男女」に改めることの是非を問う内容だった。この改憲...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。