仏政府、パリ市の路線バス自由化に向けて労使協議を開始へ

仏政府は2025年年初に、RATP(パリ交通公団)によるパリ市及び隣接地区における路線バスの独占運行体制を終了し、自由化を行う。ボルヌ運輸相は10月4日、自由化に伴う新たな就労条件等の枠組み作りを目的...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。