コートジボワール、初の太陽光発電施設を建設へ

コートジボワールにおいて初の太陽光発電施設が建設される。ドイツが支援する。この太陽光発電施設は北部のブンディアリに建設され、設置容量は37.5MWp。ドイツ復興金融公庫(KfW)が2700万ユーロを、...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。