トゥーロン市の救急車に防弾チョッキが配備

南仏トゥーロン市(バール県)の医療当局は、運営する救急車の職員・医師向けに、防弾チョッキを購入した。同市周辺地方で麻薬取引などに絡んで銃撃戦が発生するケースが増えていることに配慮して購入した。救急車は...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。