仏RATPと仏アルストム、サウジで地下鉄契約を獲得

サウジアラビア政府は9月18日、リヤドに建設予定の地下鉄1、2号線の運営保守契約を仏RATPデブ(パリ交通公団の国際事業子会社)が率いる合弁に発注することを決め、正式に発表した。契約総額は12年間で2...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。