マクロン大統領、相続税制改革を否定

大統領府は9月17日、相続税制の改革をマクロン大統領の任期中に実施する可能性を全面的に否定した。
これより前、与党LREMのカスタネル幹事長は、14日に開いた集会の機会に、一連の改革を準備する検討作...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。