ドイツ連立与党内に対立、憲法擁護庁長官の極右肩入れ問題で

ドイツの連立与党内で再び対立が激化している。ケムニッツ市(ザクセン州)で発生した移民排斥デモに絡んで、社民党(SPD)が憲法擁護庁のマーセン長官の辞任を要求、長官を擁護するキリスト教社会同盟(CSU)...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。