ドイツ:ケムニッツ事件を巡り連立与党内の対立が再び表面化

ケムニッツ(旧東独ザクセン州)で発生した反移民の抗議行動を巡り、連立与党内の軋みが再び表面化している。メルケル首相がこの抗議行動を厳しく批判したのに対して、連立に加わるキリスト教社会同盟(CSU)を率...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。