狩猟事故による死者、昨年の18人から13人へ減少

仏狩猟・野生動物事務局(ONCFS)が9月4日に発表した集計によると、2017年6月-2018年5月の狩猟シーズンに起きた狩猟事故は113件で、前シーズンの143件から減少した。1990年代末の水準に...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。