残留農薬の6割が内分泌かく乱物質=環境NGO調査

環境NGOのジェネラシオン・フュチュールは4日、食料品の残留農薬の内分泌かく乱効果を問題視する調査結果を発表した。残留農薬の6割超が内分泌かく乱物質であると指摘した。
この調査は、EFSA(欧州食品...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。