ドイツ左翼党のワーゲンクネヒト議員、移民制限を主張して政治運動を立ち上げ

左翼党所属のザーラ・ワーゲンクネヒト連邦議会議員(49)は4日、政治運動「アウフシュテーエン(立ち上がれ、の意)」を立ち上げる。移民問題に的を絞って、左翼勢力の中では異色の立場となる移民制限を呼びかけ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。