ヒジャブ着用の従業員解雇、国連人権理事会が不当と判定

ヒジャブ(イスラム教徒の女性が着用するスカーフ)着用の女性従業員が解雇された事件で、女性側の訴えを受けて国連人権理事会は解雇を不当とする判断を下した。市民的及び政治的権利に関する国際規約に反すると認定...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。