与野党の攻防、経済・社会問題が焦点に

左派系日刊紙リベラシオンが8月27日付けで報じた世論調査(Viavoiceが実施)の結果によると、「マクロン大統領と仏政府は社会政策および不平等対策に不熱心」と判断する回答者が66%を占めた。「金持ち...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。