マクロン政権、夏休み明けの閣議で改革継続の方針を再確認

仏政府は8月22日に夏休み明けの閣議を開催した。マクロン大統領は、政権発足から2年目となる秋からの新年度に臨んで、従来の戦略から逸脱することなく、改革の推進を継続する方針を明示した。
閣議後のグリボ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。