仏国内の石炭火力発電所閉鎖:Uniper、仏政府との交渉求める

仏政府は2022年までに国内の石炭火力発電所をすべて閉鎖する予定だが、現在4ヵ所を数える石炭火力発電所のうち、ガルダンヌ(ブーシュデュローヌ県)とサンタボルド(モーゼル県)の2ヵ所を保有する独Unip...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。