露SNS 上での不適切コンテンツに対する「いいね」が訴追の対象になるケースが増加

ロシアのSNS上において、当局が過激派につながる、ヘイトスピーチである、などと判断したコンテンツに「いいね」ボタンを押したり、そのコンテンツをシェアしたユーザーが訴追の対象となるケースが増加している件...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。