下院、職業教育等改革法案を可決へ

下院は8月1日、職業教育等改革法案を最終的に可決する。政府は同法案を、労働法典改正に次ぐ雇用関連の第2弾の重要改革に位置づけている。職業教育については、地域圏による職業教育の運営の権限を制限し、職業教...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。