ツールドフランス、スカイのトーマスが初優勝

自転車ロードレースのツールドフランスが29日、パリ・シャンゼリゼ大通りをゴールとする第21ステージを以て終了した。英チームスカイ所属の英ゲライント・トーマスが初の総合優勝を飾った。
トーマスは32才。自転車トラックレースの出身という経歴は、同じくスカイで2013年に優勝した同国人のウィギンズとも似ている。スカイはこれで、2012年以来の7回の大会のうち6回で優勝を飾り、圧倒的な強さを見せている。英国人の優勝も6回ということになるが、ウェールズ出身者の優勝はツールが始まって以来でこれが初めて。
チームスカイは、前回まで3連覇、通算4勝のクリス・フルームをリーダーとして今大会に臨んだが、フルームのドーピング疑惑を巡り強いバッシングを受けた。逆風の中でフルームは結局総合3位に終わり、トーマスがその間隙を縫って優勝を果たした。