ソプラ・ステリア、上半期に大幅減益

仏ソプラ・ステリア(情報処理サービス)は7月27日、2018年上半期(1-6月)の純益を3840万ユーロと発表した。前年同期比で42%の減益を記録した。同社は、再編や納税に関する費用を含む季節的マイナス要因が前年同期よりも大きかったと減益の理由を説明。売上高は20億1000万ユーロに達し、6.5%の増収を記録。有機的成長率も5.3%に上った。2018年の通年での目標については従来どおりに維持し、3-5%の有機的成長や営業利益率の小幅な改善をあげた。