ルーブル美術館の「ドラクロワ」展、過去最高の入場者を記録

ルーブル美術館は7月26日、閉幕したばかりの「ウジェーヌ・ドラクロワ」回顧展の入場者が合計で54万人に達し、これまでに開催した特別展のなかで最大の入場者数を記録したと発表した。
一方、ルイヴィトン財団の現代アート美術館が開催した「近代美術のアイコン:シチューキン・コレクション」展(今年3月5日閉幕)の入場者は120万人に上り、仏国内における美術展の入場者として過去最高記録を確立した。