GFIアンフォルマティック、増収減益

仏GFIアンフォルマティック(情報処理サービス)は7月26日、2018年1-6月期の業績を発表した。売上高は6億2550万ユーロで前年同期比11%の増収となったが、純利益は12%減少し、730万ユーロとなった。再編コストや、ベルギー同業Realdolmenの買収コストなどが減益を招いた。一方、売上高は国内(4億3930万ユーロ)で5%、国外(1億8630万ユーロ)で29.8%、それぞれ増加した。