パリュエル2号機、3年の運転停止を経てようやく運転を再開

3年余りにわたり運転を停止していた仏パリュエル原子力発電所(セーヌマリティム県)2号機(設置容量1300MW)が運転を開始した。運転事業者EDFが7月24日に発表した。同原子炉は24日に出力90.5M...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。