スエズ、オマーンで契約獲得

仏環境サービス大手スエズは7月20日、オマーン・ソハール市の危険廃棄物処理施設(処理能力は年間4万2000トン)の運営に関する契約を獲得したと発表した。契約期間は3年半で、契約額は290万ユーロ。オマ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。