IMF、日欧の成長見通しを下方修正

国際通貨基金(IMF)は7月17日、新たな世界経済見通しを提示し、米国の関税引き上げ措置が引き起こしている貿易紛争を理由に、日本や欧州諸国の成長見通しを下方修正した。世界経済の2018年成長率は4月の...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。