行財政改革報告書の内容巡り議論が浮上

日刊紙ルフィガロは17日付で、行財政改革に関する諮問委員会(CAP2022)の報告書の内容を報道した。この報告書は既に政府に提出されているが、政府は個々の内容について裁定を下し、実現のめどをつけた上で...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。