石油・ガス探査、ますます不活発に

仏交通・エネルギー・環境研究機関IFPENによると、2017年に石油・ガス部門の探査で発見された新規確認埋蔵量は110億BOE(石油換算バレル)となり、前年を13%下回って、1990年代以後で最低水準...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。