仏国内の石炭発電所、2022年までの完全閉鎖の実現には困難も

仏政府は2022年までに国内の石炭焚き発電所をすべて閉鎖する計画を立てている。ルモンド紙は10日付で、この実現には困難が伴うと報じた。
国内には、ルアーブル(ノルマンディ地方)、コルドメ(ブルターニ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。